有田大貴 “Colors in the Gray” (鶴見町ラボ 4/16 – 5/1)

有田大貴 Colors in the Gray

日本語 / English

広島を拠点に、故郷「ヒロシマ」への意識を昇華した作品をテーマの一つとして制作する有田大貴の個展を2022年4月16日(土)から5月1日(日)まで開催します。

有田が継続的に扱ってきた千羽鶴やその灰を用いた絵画に加え、「折り鶴」を題材にしたデジタルペインティングを空間に展開します。

混迷を極める世界情勢の中で、希望と絶望の狭間に存在する人間のこれからの行方を「色」を通じて考える企画で、新作品シリーズ「Colors in the Gray」を発表します。これは、ウクライナの国民的画家であるマリア・プリマチェンコの作品をオマージュした作品群です。マリア・プリマチェンコは1908年生まれで、ソ連支配下の時代を生き延び、反戦と平和を訴える作品を残しました。2022年2月にロシアの爆撃によっていくつかの作品が破壊されたことも報道されています。今回発表する作品は、彼女の作品にシンパシーを感じた有田が、マリア・プリマチェンコの作品から色彩をサンプリングし、折り鶴の型に着彩していくデジタルペイントシリーズです。広島に届けられた千羽鶴の焼却灰の画像を背景とし、色彩を通じて連帯を示すこの作品群は100枚に及びます。

プリントワークとNFT(非代替性トークン)の双方で販売し、収益はウクライナの人道支援のために寄付します。
プリントワークは、展示会場であるタメンタイギャラリー鶴見町ラボの壁面を埋めつくします。また、これまで制作してきた関連する絵画作品もあわせて展示します。複製作品は1枚500円で販売予定。この収益は、UNHCRに全額寄付します。
また、デジタルデータはNFTとして販売し(https://opensea.io/collection/colors-in-the-gray)、暗号資産寄付プラットフォームEndaomentを通じ、ウクライナの主権保持のために活動する7つの非営利組織に寄付資産を分配するSupport Ukrainian Sovereigntyに全額寄付します。
いずれも会期終了後1か月以内に、ウェブサイト上で寄付報告を行う予定です。

混迷を極める世界情勢の中で、アートの無力感に苛まれてしまいます。それでも、表現を通じて連帯を表明し、可能な範囲で抵抗を試みようとしています。デジタル作品の可能性はまだまだ模索しているところですが、その複製可能性と即応性を有意義に活用することができないかと企図しました。作品を通じてウクライナに思いを寄せる契機となればと考えています。

また、会期初日となる2022年4月16日(土)は、会場となるタメンタイギャラリー鶴見町ラボが入居する集合住宅「第2三沢コーポ」のオープデイイベントも開催されます。第2三沢コーポは、⁡広島市現代美術館鶴見分室をはじめ、全16室のうち7室がアトリエやギャラリーとして活用されており、にわかに「アートビル」化しているスポットです。この日は各部屋でイベントや企画等が展開され、見学することができます。あわせてご来場ください。

有田大貴 Colors in the Dark

有田大貴個展 “Colors in the Gray”

  • 会期:2022年4月16(土) – 5月1日(日)
  • 休廊:4月18日(月)、4月25日(月)
  • 時間:11:00-19:00
  • 作家:有田大貴
  • 会場:タメンタイギャラリー 鶴見町ラボ
  • 住所:730-0045 広島市中区鶴見町9-6 第2三沢コーポ404(Google Map
  • 主催:タメンタイ合同会社

有田大貴プロフィール

第2三沢コーポオープンデイ

  • 場所:⁡第2三沢コーポ⁡(広島市中区鶴見町9-11)⁡
  • 日時:⁡2022/4/16(土)⁡⁡
    ⁡ ※時間は各部屋情報を参考ください⁡
    ⁡ ※13:00-17:00は全室開室しています
  • イベントページ:https://fb.me/e/1wLpdDdXI
  • 【101号室】
    広島市現代美術館 鶴見分室101⁡
    ⁡ (10:30〜 翌日10:30)
    ①どこかで?ゲンビ ビデオアート編 原田裕規
    ②原田裕規による映像《One Million Seeings》の24時間展示上映。
    ③コーヒー持ち込み:×(持ち込み不可)
  • 【104号室】
    雁と鶴 ⁡
    ⁡(12:00〜 17:00)
    ①ひろしまアニメーションシーズンAIR滞在作家の展示を予定
    ①雁と鶴 オープニング展示を予定
    ①オープンデーのインフォメーションセンター
    ③コーヒー持ち込み:〇(持ち込み可 / 飲食可)
  • 【204号室】
    基地 by なぞなぞワールド⁡
    ⁡(11:00〜 17:00)
    ①楽しむ大人の遊び空間
    ②謎解き、ボードゲームなど楽しいエンタメを色々用意しています。住人在中、一緒にゲームしましょ♪
    短時間で新しい扉が開けるかも?!
    ③コーヒー持ち込み:〇(持ち込み可 / 飲食可)
  • 【304号室】
    Tapestry Studio by 平浜あかり⁡
    ⁡(13:00〜 20:00)
    ②作品展示、 オープンアトリエ
    ③コーヒー持ち込み:△(持ち込み可 / 一部飲食不可)
  • 【403号室】
    Zyakedo by 入江早耶⁡
    ⁡(13:00〜 17:00)
    ①ケシカス外伝〜理科編〜
    ②現代美術家・入江早耶によるケミカルな素材に注目した過去作を紹介
    ③コーヒー持ち込み:△(持ち込み可 / 飲食不可)⁡
    ⁡※作家不在⁡
  • 【404号室】
    タメンタイギャラリー鶴見町ラボ⁡
    ⁡(11:00〜 19:00)
    ①有田大貴個展 “Colors in the Gray“
    ②広島を拠点に、故郷「ヒロシマ」への意識を昇華した作品をテーマの一つとして制作する有田大貴の個展を開催。
    ③コーヒー持ち込み:△(持ち込み可 / 飲食不可)
  • 【ウッドデッキ】
    YUYA ROAST(12:00~17:00)
    ①コーヒー販売
    ————–
    ①:展示名
    ②:展示内容
    ③:YUYA ROASTコーヒーの持ち込み可否/飲食可否

[English]

Arita Taiki’s solo exhibition will be held from April 16 (Sat) to May 1 (Sun), 2022, with one of the themes of his works sublimating his awareness of his hometown, “Hiroshima.”

Arita has been dealing with a thousand paper cranes and their ashes continuously. This exhibition will show the challenge of digital drawings based on the theme of “origami cranes.”

The new series of works, “Colors in the Gray,” is a project that will consider the future of human beings, which exists between hope and despair, through “color.” This series of works pay homage to Maria Primachenko(1908-1997), a national artist of Ukraine. She has survived the Soviet domination of the country and left behind a body of anti-war and peace works from the period of Soviet rule. Reportedly, Russian bombs destroyed some of her works in February 2022. Arita, who felt sympathy for her work, sampled colors from Maria Primachenko’s works and applied them to the molds of origami cranes in a series of digital paintings. The 100 pieces, set against a background of images of incinerated ash from the 1,000 paper cranes delivered to Hiroshima, show solidarity through color.

The works will be sold as prints and NFT (Non-Forwardable Tokens), with proceeds going to humanitarian aid in Ukraine.
The print work will cover the walls of the exhibition venue, TAMENTAI GALLERY Tsurumi-cho Lab. In addition, Arita will exhibit related paintings. Here will sell the reproductions for 500 yen per piece. All proceeds will be donated to UNHCR.
The digital data will be sold as NFT (to be launched in due course). All proceeds will be donated to Support Ukrainian Sovereignty. Donated assets will be distributed to seven non-profit organizations working to preserve Ukraine’s sovereignty through the crypto asset donation platform Endaoment.
We will post both donation reports on the website within one month of the end of the session.

Amid the chaotic world situation, we are tormented by a sense of powerlessness of art. Nevertheless, we are trying to express solidarity through expression and attempt to resist to the extent possible. We explore the possibilities of digital works’ reproducibility and immediacy. We hope that our project will allow your thoughts to go to Ukraine.

 

On April 16, 2022 (Sat), the first day of the exhibition, Misawa Corp No. 2, which TAMENTAI GALLERY Tsurumi-cho Lab. inhabits, will hold an open-day event. Seven of its 16 rooms in the “art building” are ateliers and galleries, including the Tsurumi branch of the Hiroshima City Museum of Contemporary Art. On this day, there will be events and projects in each room, and visitors will be able to see them. Please come and visit.

Arita Taiki’s solo exhibition “Colors in the Gray”

  • Dates: April 16 (Sat) – May 1 (Sun), 2022
  • Closed: Monday, April 18 and Monday, April 25
  • Hours: 11:00-19:00
  • Artist:Arita Taiki
  • Venue: TAMENTAI GALLERY Tsurumi-cho Lab.
  • Organized by: TAMENTAI G.K.

Profile of Arita Taiki

  • Brief History
  • 1987 Born in Hiroshima
  • 2011 B.F.A. in Graphic Design, College of Art, Jacksonville University, Alabama, U.S.A.
  • Currently based in Hiroshima
  • Selected Exhibitions
  • 2017 “Abstract & Silver” / AUTOTEILLE, Berlin, Germany
  • 2019 gallery G selection “The Ash of Hope” / gallery G, Hiroshima
  • 2019 “A Flight of Prayers” / Naoshima Honmura Gallery, Kagawa, Japan
  • 2019 “On the Earth, in the Sky” / Is’ Art Galerie (Antananarivo, Madagascar)
  • 2021 “REVITALIZE” / GALLERY 301, Kobe and gallery G, Hiroshima, Japan

関連記事