中川晶子「よすがのありか」(鶴見町ラボ 8/13-8/20)

中川晶子「よすがのありか」

Nakagawa Shoko's solo exhibition "Yosuga no Arika" will be held at TAMENTAI GALLERY Tsurumi-cho Lab from August 13, 2022 (Sat).

Nakagawa Shoko has made artworks of installations using familiar objects as materials, operating sound and light. Previous works include spatial work using several onomatopoeic devices for toilets, an audio work in which she sings background music from a local supermarket to her baby during the last month of pregnancy, and "Yankee Origami Cranes" that have grown legs. Her artworks express the local characters of "women" and "Hiroshima.

In this solo exhibition, her first in five years, she will introduce her current efforts by mixing past works with new ones.

Nakagawa Shoko " Yosuga no arika"
Dates: August 13 (Sat) - 20 (Sat), 2022
Hours: 11:00-19:00
Artist: Nakagawa Shoko
Admission: Free
Venue: TAMENTAI GALLERY Tsurumicho Lab
Organizer: TAMAMENTAI G.K.

Nakagawa Shoko
Brief History
1989 Born in Hiroshima City
2007 BFA, Hiroshima City University, Faculty of Art
Currently lives and works in Hiroshima

Selected Exhibitions
2017 "KERNEL" / Gallery Intersection 611, Hiroshima, Japan
2020 "When Canaries Stop Chirping" / CA+T Laboratory, Hiroshima City University Faculty of Art

中川晶子による個展「よすがのありか」を、タメンタイギャラリー鶴見町ラボにて2022年8月13日(土)より開催します。

中川晶子は、身近なものを素材に、音声や光を使ったインスタレーション作品を発表しています。これまでの発表した作品は、トイレ用擬音装置を複数台使用した空間作品や、地元スーパーの店内BGMを臨月の時期に自身のお腹の子に口ずさむ音声作品、足の生えた「ヤンキー折り鶴」などがあります。「女性」や「広島」のローカル性を表出する作品を展開してきました。

5年ぶりとなる今回の個展では、過去作と新作を織り交ぜて、現在の取り組みを紹介する企画となります。

中川晶子「よすがのありか」

  • 会期:2022年8月13日(土) – 20日(土)
  • 時間:11:00-19:00
  • 作家:中川晶子
  • 入場料:無料
  • 会場:タメンタイギャラリー 鶴見町ラボ
  • 住所:730-0045 広島市中区鶴見町9-6 第2三沢コーポ404(Google Map
  • 主催:タメンタイ合同会社
  • 協力:ブラック画材
中川晶子
Nakagawa Shoko

略歴

1989  広島市生まれ
2013  広島市立大学デザイン工芸科現代表現領域卒
現在  広島市在住

主な展示歴

2017 "KERNEL" / ギャラリー交差611(広島)
2020  「カナリアがさえずりを止めるとき」/ 広島市立大学芸術学部CA+Tラボラトリー

新型コロナウイルス感染症対策について
  • スペース内では定期的な換気・消毒を行います。
  • 体調不良時、発熱時のご来場はお控えください。
  • ご来場時はマスクを適切に着用するなど、感染拡大予防にご協力をお願いいたします。
  • 会場混雑時は、入場をお待ちいただく場合があります。
  • 万が一、関係者に体調不良者が発生した場合は、予告なく展覧会を延期・中止することがあります。

関連記事